妊娠線予防には保湿とコエンザイム!?予防効果を高める秘訣

  stretch-mark

ママたちに大人気クリームをチェッする

美肌成分として有名なコラーゲン。

 

コラーゲンの美容効果は、お顔だけでなく、

妊娠線の予防や解消にも有効です!!

 

しかし、妊娠線ができやすいのは、

お腹や太もも。

 

これらの場所のケアはあまりしてこなかった。

 

そういう人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、妊娠して身体に脂肪が付き始めたら

そういうわけにもいきません。

 

どのようなケアを行えば

妊娠線が予防できるのかを

勉強していく必要があります。

 

コラーゲンで妊娠線予防!●●に注意して完全対策!

iStock_000019407957Small-300x199

コラーゲンがお肌をプルプルさせる

ということは有名ですね。

 

皮ふは3つの層でできています。

 

そしてその3つの層の真ん中にある真皮という層は、

ほとんどがコラーゲンでできています。

 

このコラーゲンを元気に保つことが、

妊娠中はとても大切。

 

というのも、子宮が急激に大きくなるのに

伴い、お腹の皮膚の急に引き伸ばされ

妊娠線が出来てしまう可能性があるからです。

 

そして、妊娠線発生のメカニズムには、

この真皮のコラーゲンの健康状態も

深く関わっているからです。

 

コラーゲンは飲むだけじゃ意味がない!美肌に直結させるには

1688x1125xsmile-kangoshi.jpg.pagespeed.ic.j8GyTn0k37

プルプルしたコラーゲンを多く含んだ食べ物は

女性に人気ですね。

 

しかし、食べたコラーゲンが

そのまま体のコラーゲンになることはありません。

 

食べ物などで摂取されたコラーゲンは、

腸で吸収される時には

バラバラのアミノ酸に分解されます。

 

それが体中に分配されて

コラーゲンとして合成されるのです。

 

つまり、いくらコラーゲンたっぷりのものを

食べたとしても、だからといって

お肌がぷるぷるになるとは限りません。

 

単なる、食べ過ぎによる

むくみも考えられます。

栄養バランスのとれた食事をすることが、

ぷるぷるお肌への近道なのです。

 

コラーゲンの美肌効果を妊娠線対策に生かす!ポイントは?

w_1

コラーゲンが体内に供給される際重要なのは、

毛細血管の健やかさ。

 

体の隅々に流れている毛細血管にしなやかさがないと、

コラーゲンの元であるアミノ酸が届きにくくなります。

 

ちなみに、そのために重要なのがビタミンCです。

 

妊娠線とコラーゲンの大切な関係!これで妊娠線予防は確実!

kangoshi16

ところで、妊娠線とは、

どんなメカニズムで発生するのでしょう。

 

原因はいくつかあります。

 

妊娠時に急激におなかが大きくなること、

授乳のために胸が大きくなること。

 

それに、体重が増加して

二の腕や太ももに脂肪がつくことが原因で

発生します。

 

真皮がこの伸びに対応できず、

断裂することで発生するからです。

 

妊娠時にはこの真皮のコラーゲンの弾力を保持

させることが大切です。

 

妊娠線対策はお肌の保湿が重要!●●で完璧保湿対策!

point_01

肌の乾燥によって、真皮中の水分も失われていきます。

 

この水分を維持することも真皮を健康に維持するために必要なこと。

 

つまり大切なのは、

十分な保湿力のあるクリームで、

肌に潤いを補うこと。

 

そして、肌によい成分を多く含んだクリームで

肌の健康を取り戻すことが、

妊娠線対策ではとても重要なことです。

 

 

妊娠線は高品質のクリームで徹底対策!

大人気妊娠線予防ケアを今すぐ確認する

コメントを残す