妊娠線は予防不可能!?毎日保湿していた私だからわかる真実

stretch-mark

 

 

 

妊娠してしばらくたつと、気になってくるのが妊娠線。

 

お腹がだんだん大きくなってきて、

なんだか太ももやお腹がかゆい…?

 

そう感じたら今すぐ妊娠線ケアをはじめましょう!

 

保湿のポイントは朝晩のケア!効果的なアイテムは?

iStock_000019407957Small-300x199

妊娠線予防には、なんといっても保湿が大切です。

 

保湿するためには、オイルやクリームなどの

油分が含まれたものが有効。

 

お風呂上りだけでなく、朝起きたらすぐに

塗るようにしましょう。

 

忙しいからといって省略したりせず、

きちんとケアして保湿することが大切です。

 

また、妊娠中期ごろになってお腹がおおきくなってくると、

朝晩の保湿だけでは足りなくなってきます。

 

外出先で突然ハリやかゆみを感じることもあるので、

いつでも塗れるように、ケアアイテムは持ち歩いておきましょう。

 

経産婦さんは要注意!2人目以降の方が妊娠線はできやすい?

kangoshi16

中には、一人目より二人目以降を妊娠中の経産婦さんのほうが

妊娠線ができやすい、という話があります。

 

その理由は、お腹が大きくなりやすいから。

 

妊娠線ができる原因は、急激にお腹が大きくなること。

 

一度出産をしている経産婦さんの方が

お腹が大きくなりやすいのです。

 

そのため、皮膚が伸びやすく、妊娠線もできやすいのです。

 

二人目だからと言って気を抜かず、

きちんと対策することが大切です。

 

保湿だけじゃダメ!妊娠線予防に一番効果的な栄養素は!?

150422105458-sleeping-baby-stock-super-169

しかし、どんなに妊娠線ができやすい人であっても、

きちんとケアすれば、妊娠線は予防できます。

 

そのためには、皮膚をきちんと保護して栄養を与えることが

とても大切。

 

具体的には、洗顔後のケアと同じようなケアをすれば

問題ありません。

 

洗顔後の化粧水や乳液には何が含まれていますか?

 

ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲン、ビタミンE…。

 

こうした美容成分は、顔だけに効果があるのではありません。

 

お腹や太ももなどにもケアの一環として

取り入れて上げることで、肌状態が整い、

妊娠線が予防されるのです。

 

妊娠線には保湿第一。

 

それだけでなく、専用の美容成分が含まれた

ケアクリームを使うことで安心して防ぐことが出来るのです。

 

妊娠線ケアはこまめな保湿が第一。

 

高品質のクリームで、徹底的に

ケアして、完全に予防しましょう!

 

口コミ効果NO.1のケアクリームが500円のお試し価格に!

 

コメントを残す