ストレッマークとは?妊娠肌トラブルをニベアで乗切る秘訣

Cara-menghilangkan-stretch-mark-secara-alami

⇒大人気の妊娠線クリームを今すぐ確認する

 

妊娠線は、お肌にできる線状のシミです。

 

お肌といっても表皮の下の真皮(しんぴ)と

いわれる部分にできるシミです。

 

この妊娠線ができる原因は、急激に大きくなる

子宮の大きさに、表面の皮膚が付いていけないから。

 

そのため、肌表面が避けて断裂し、

地割れのような赤紫色のひび割れた

現れてしまうことです。

 

肌の色素沈着の原因を解消!真皮ケアのポイントは

stretch-mark

皮ふは3つの組織からなる層状になっています。

 

そして、通常日焼けしたりシミになったりするのは

表皮といわれる部分です。

 

ここにメラニン色素があり、

肌を黒くしたりといった働きをしています。

 

この表皮の下のには真皮(しんぴ)と

いわれる層があります。

 

この真皮は、プルプル食材で有名なコラーゲンと

エラスチン、水分でできています。

 

コラーゲンはお肌の柔軟さを保つ働き、

そして、エラスチンには、

お肌の強靭さを保つ働きがあります。

 

これらの働きを十分に保つことが

妊娠線の予防につながるのです。

 

皮下組織にはターンオーバーがない?妊娠線が消えない理由

stretch-mark

真皮の下には皮下組織という3番目の層があり、

毛細血管が流れています。

 

毛細血管からは毛根に栄養を与えたり、

真皮を通して表皮に栄養と与え不要な

老廃物を排出しています。

 

こうしたターンオーバーを健全に保つことが

お肌コンディションにはとても大切。

 

そして、妊娠線の予防にも効果的なのです。

 

妊娠線徹底予防!ケアクリームの正しい塗り方

iStock_000019407957Small-300x199

そして、真皮が表皮の下にあるということは

通常のターンオーバーはしないということを意味します。

 

通常の日焼けの場合には表皮の下の方に

メラニンがあって色素を生産します。

 

表皮にはターンオーバーがあり、下から生まれ変わって

古い表皮はどんどんと表面に上がってきて

垢となったりしてはがれていきます。

 

ターンオーバーしない、ということは、

出来てしまったシミや妊娠線は

時間が経っても消えない、ということ。

 

そのため、妊娠線は、

何より作らないことが

とても大切なのです。

 

お肌のターンオーバーをチェックすれば妊娠線は消える!?

w_1

真皮は表皮と違って、4週といった

ターンオーバーでは生まれ変わらないんです。

 

20代のピークで6年以上もの年月をかけて

ターンオーバーするといわれています。

 

だから妊娠線には予防が大切なんです。

 

妊娠線が出来ても消えない、

と言われるのはそうした理由から。

 

出産後は、赤ちゃんの世話でとても忙しくなります。

 

ママ自身のスキンケアは

おざなりになりがち。

 

自分のために時間を使えるうちに、

充分な予防ケアをしましょう。

 

妊娠線予防はケアクリームが一番!

 

 

 

 

コメントを残す