妊娠線発生の仕組み大解剖!最大のポイント●●ケアとは

  kangoshi16

安心素材で高評価のケアクリームをチェックする

妊娠線に伴う体の変化によりできてしまう妊娠線。

 

身体の表面の皮膚の仕組みを理解して、

妊娠線の予防と、

できてしまった場合の対策を考えましょう。

 

妊娠線は、できる前に予防することが

とても大切。

 

お腹が大きくなり始める前に、

できれば妊娠初期から取り組むのが

一番効果的です。

 

お腹にもある皮膚のターンオーバー。ケアのポイントは?

Cara-menghilangkan-stretch-mark-secara-alami

表皮はたくさんの層になってできています。

 

顔などの肌は10層から15層、

手のひらや足の裏などは200もの層になっています。

 

そうして何層にもなっていることで、

体を外部の刺激から守っています。

 

そのため、妊娠線のケアのためには、

ケア成分が、この肌の奥深くまで

浸透することが必要。

 

浸透力の高い、

良質のケア商品を使う必要があります。

 

お肌のサイクルはターンオーバーと、日焼けによる●●発生!?

bikkuri_01

紫外線など外部から刺激を受けると

表皮の中のメラニンが

体を守るために黒い色素を生成します。

 

日焼けとなって紫外線からの

バリヤーとして働きます。

 

紫外線を受けた損傷は、日焼けした角質となり、

やがてターンオーバーによって次々に

捨てられていくことで体を守っています。

 

しかし、妊娠線の場合、このターンオーバーは

あまり期待できません。

 

といのも、妊娠線は肌の奥、

子宮の拡大に伴う肌の断裂。

 

肌の表面だけに現れる症状では

ありません。

 

そのため、肌の再生周期では

生まれ変わることがなく、

消えないのです。

 

真皮のターンオーバーは●年!効果的にケアするポイントは!?

bikkuri_01

バリアーとなる表皮の下にある真皮は、

それほどターンオーバーを必要としていません。

 

そのため真皮が生まれ変わるのにかかる時間は、

20代の若いころで6年かかるといわれています。

 

しかも、加齢とともに、真皮のターンオーバーに

かかる時間は伸びていきます。

 

そして、妊娠線は、このターンオーバーサイクルとは

違うメカニズムで発生しているのです。

 

真皮ケアの秘訣は●●!徹底ケアで妊娠線をキレイにするには

w_1

真皮を構成するコラーゲンは、

加齢とともに合成されにくくなります。

 

食事などで気を付けることは、

ビタミンCやコラーゲンのもとになる

アミノ酸を多く摂取することです。

 

コラーゲンを多く含む食品を食べると、

腸で分解されアミノ酸となって

血管を通って体に流れていきます。

 

加えて外からのケアが効果的。

 

肌を十分に保湿し、やわらかく保つことで

妊娠線の発生を防ぐことができるのです。

 

妊娠線予防のポイントは?食事にコラーゲンと●●を取り入れて

point_01

その際に血管が弱くなっていると

コラーゲン生成のための栄養が届きにくくなります。

 

そのためにビタミンCは不可欠です。

 

 

妊娠線は専用クリームで徹底予防

    ⇓
大人気妊娠線ケアを今すぐ確認す

コメントを残す