妊娠線予防は肌組成の理解が大切!?コエンザイムの効果とは

stretch-mark

妊娠線ケアには真皮に届くシラノール誘導体が有効です。
シラノール誘導体という成分は、

あまり聞いたことがないかもしれません。

 

どんな成分なのでしょう?

 

シラノール誘導体とは、肌の保湿力を高める成分。

 

特に妊娠中の肌は乾燥しがち。

 

特に、急激に大きくなる子宮のまわり、

お腹の皮膚は、伸びて乾燥しやすくなっています。

 

そのお腹の皮膚を守るのが水分。

 

充分に保湿することがとても大切なのです。

 

大人気ベルタ妊娠線クリーム!その特徴は保湿と●●!

skincare_01

シラノール誘導体は、妊娠線予防に評価の高い

ベルタマザークリームに含まれている成分です。

 

通常、表皮の角質層は、外部の刺激から体を

守るためにバリヤーとなって働きます。

 

本当はお肌に栄養を与えたいのに、

実はそのお肌自身がほとんどガードしてしまいます。

 

私たちのお肌を守ってくれる表皮層。

 

しかし、肌に栄養を与え、保湿したい時は、

この表皮より深くまで浸透する

栄養素が必要です。

 

保湿力の高いシラノール誘導体は、

高い浸透力で、皮膚の奥深くまで

効果を発揮します。

 

妊娠線予防のためには、

保湿は、肌表面だけでは不十分。

 

肌の奥深くまで、しっとり滑らかに

する必要があるのです。

 

保湿効果を高める!効果倍増させる妊娠線ケアの一手間とは

w_1

クリームなどの角質層の浸透をよくするためには

皮脂と馴染みの良い油性なもののほうがよいです。

 

では油分だけでよいかというとそうでもなく、

油溶性と水溶性との中間の性質を持った方が

よいと言われています。

 

そのため妊娠線クリームなど、妊娠線予防には

クリーム状のものが良く使われています。

 

もちろん、オイルもおススメ。

 

しかし、オーガニックオイルを始めとした

オイルタイプのケア商品は、

油分以外の成分が含まれていません。

 

そのため、肌からの水分の蒸発は防げても、

外から栄養を与えることはできません。

 

より多くの水分を取り込み、

肌を柔らかく保つことが出来なければ、

妊娠線は予防できないでしょう。

 

シラノール誘導体とは?妊娠線ケアの救世主を大解剖!

point_01

 

シラノール誘導体は、そうしたバリアーとしての

表皮に対して浸透性が高いものです。

 

加えて、コラーゲンを修復させる効果が

あることがわかっています。

 

私たちの肌のハリに欠かせないのがコラーゲン。

 

妊娠中のお腹は、どんどん大きくなり、

肌表面の断裂が始まっています。

 

その断裂を修復していくためにも、

コラーゲンはとても大切なのです。

 

ビタミンCに妊娠線予防効果!普段のケアに●●をプラス

kangoshi16
女性のための美容ビタミンともいわれるビタミンCは、

妊娠中の乾燥肌にも必要なビタミン。

 

特にダメージを受けやすい妊娠中は、

抗酸化ビタミンとしても体を守ってくれる働きをします。

 

かゆみは妊娠線警報!妊娠中の敏感肌におススメなのは?

1688x1125xsmile-kangoshi.jpg.pagespeed.ic.j8GyTn0k37

ビタミンCには、毛細血管を強くしてくれる

役割もあるので、欠かさずにとりたい栄養の一つ。

 

妊娠中はすっぱいものが食べたくなるといいますが、

納得の話ですよね。

妊娠線ケアは専用クリームで!

 

 

 

 

 

コメントを残す