妊娠中は厳禁?!エステ、マッサージに行きたいときの対処法

point_01

 

妊娠中は疲れやすく、また、身体のバランスが変わり

肩こりや疲れなどを感じやすくなります。

 

マッサージをしたい衝動に駆られますが、

身体と赤ちゃんに悪影響を与えることがあり、

十分注意が必要です。

 

とくに、今まで習慣的にマッサージや

エステに行っていた人。

 

そういった人には、つらい時期です。

 

今までできていたケアが出来なくなるのは

精神的にもつらいこと。

 

しかし、おなかの赤ちゃんのためには、

やるべきではありません。

 

では、どうしたらよいのでしょうか。

 

ストレスとむくみの解消に効果的な

方法をお伝えします。

 

妊娠中のマッサージ!絶対やってはいけないこと3つとは

bikkuri_01
妊娠も中期以降になると胸も大きくなるし、

もちろんおなかも大きくなって体への負担はかなりのもの。

 

肩こり・腰痛に悩まされることも多いでしょう。

 

疲れて帰ってきた旦那さまには申し訳ないけれど、

優しくマッサージしてもらいたいですよね。

 

こんな時、むやみにマッサージをしてもらってはいけません。

 

妊娠中のマッサージは、医師や助産師の指示に従って

行いましょう。

 

マタニティ専用サロンなら、プロの施術が可能!?

woman_no_stop

また、マタニティ専用のマッサージや

エステを行っているサロンもあります。

 

そういったところでプロのエステティシャンに

お願いするのも正解。

 

ただし、とても数が少なく、

予約を取るのが難しいサロンも多いです。

 

中には、妊娠中の身体に対する

知識の少ない施術者が行っていることも…。

 

ネットなどの情報をうのみにするより、

助産師さんやクリニックに紹介してもらう方が

安心です。

 

クリニックによっては、専門のセラピストを

擁しているところもあります。

 

そういったスタッフに頼めると

安心してリラックスできます。

 

妊娠中のボディケアはどうしたらいい?

150422105458-sleeping-baby-stock-super-169

妊娠中に気になるのは、むくみだけではありません。

 

お腹が大きくなってくるにつれ、

妊娠線が出てしまわないか、

不安でしょうがない、という人もいるでしょう。

 

妊娠線の予防には、日ごろの保湿が大切。

 

こまめに妊娠線予防クリームなどで

ケアすることで、多くのトラブルは

避けることができます。

 

妊娠線は、できてしまうと消えません。

 

そのため、作らせないようにするのが

とても大切。

 

難しいことではありません。

 

毎日のケアで、必ず防ぐことができます。

 

風呂上りや朝起きた時など、

習慣的なケアを心がけましょう。

 

妊娠中のケアは専用クリームで

 

 

 

 

コメントを残す