お肌のかゆみに疲労…妊娠中ケアのポイントは?

point_01

妊娠中は、疲れやすくなります。

 

中には、マッサージをしてもらいたくて

たまらなくなる、という人もたくさんいます。

 

しかし、妊娠中のマッサージには注意が必要です。

 

妊娠中は、とても敏感な時期。

 

特に安定期前は、注意が必要です。

 

安定期を迎えても、子宮の収縮を促したり、

ハリを促進するため、マッサージは

行うべきではありません。

 

お肌ケアには専門的な知識と

充分な注意が必要です。

 

気を付けたい!妊娠中マッサージの注意点とは?

bikkuri_01

身体には、たくさんのツボがあります。

 

しかし、一部のツボには陣痛を早める

ツボもあるので、注意が必要です。

 

そのツボとは、

「三陰交(さんいんこう)」

「太衝(たいしょう)」。

 

脚のむくみなどが気になる妊婦さんも

たくさんいます。

 

しかし、自己流マッサージは

トラブルの元。

 

サロンに行きたい時も、

マタニティ専門の所以外では

マッサージを行うべきではありません。

 

妊娠中は厳禁!三陰交、太衝ってどんなツボ??

kangoshi16
「三陰交」は、足の内側、くるぶしから

指4本分のところにあるツボです。

 

「太衝」は、足の甲の高いところ、

親指と人差し指の付け根のところにあります。

 

これは、知っていると知らないでは大違い。

 

自分でマッサージをするときも

充分注意する必要があります。

 

妊娠中は、乾燥などのお肌トラブルも

急増します。

 

急激な体の変化にストレスを感じることも…。

 

自己判断で行うのはいけません。

 

妊娠中のマッサージはココに注意!こうすれば安心疲労回復

1688x1125xsmile-kangoshi.jpg.pagespeed.ic.j8GyTn0k37

例えば腰が痛いとき。

 

だからといってこれらのツボを押すことは

ないと思います。

 

しかし、足のむくみがつらいといって

こうした部分もマッサージしてもらうことは

あるかもしれません。

 

これが気を付けたいところです。

 

特に知識のない人が親切で行ってくれる場合。

 

例えば、ご主人がマッサージしてくれる、

といったら?

 

「ここ危ないからね」といって教えてあげましょう。

 

妊婦さん自身が充分な知識を持っていることが

とても大切です。

 

例えば腰痛時には、さすってもらうだけでも

かなりの効き目があります。

 

妊娠中には、危険なツボもたくさんあります。

 

無知識の状態で、行うべきではありません。

 

妊娠中の疲労、一番の薬は●●だった・・・?

 

w_1妊娠中の安らぎは、

なんといってもだんなさんとのふれあい。

 

そう考えるママも多いでしょう。

 

そんなときこそ、だんなさんにたっぷり甘えて!

 

愛情をたっぷり込めて

マッサージしてもらいましょう。

 

腰をもんでもらう場合には

横向きに寝た状態で。

 

無理のないマッサージをしてっもらいましょう。

 

お肌のかゆみには専用ケアを

 

 

 

コメントを残す