本当に効果あった!口コミで選ぶ絶対作らない妊娠線予防法

Cara-menghilangkan-stretch-mark-secara-alami

⇒妊娠線予防に一番人気のケアクリームを今すぐ確認する

 

妊娠線予防に売られている商品はたいてい、

クリームが多いですよね?

 

雑誌の広告でもクリームが

一番多いんじゃないでしょうか。

 

では、妊娠線対策は、クリームが最適なのでしょうか。

 

さまざまある妊娠線予防クリームのうち

一番効果的なのはどれなのか。

 

実際の効果をもとに

検証したいと思います。

 

妊娠線は専用クリームを選んで!こんな効果が人気の秘密

iStock_000019407957Small-300x199

ところで、なぜクリームか?

 

使用感や使い勝手ももちろんありますが、

お肌のための理由があるんです。

 

表皮は体の一番外側です。

 

酸性雨や紫外線、様々なウイルス、

PM2.5などのVOCといわれる体に悪いガスなど。

 

そうした有害物が体に侵入してこようと

しているのを防ぐ役目をしています。

 

そのために表皮はとても丈夫に作られています。

 

そして、その私たちを守ってくれる表皮の働きが

妊娠中は、妊娠線の原因になってしまうのです。

 

その理由はなぜなのでしょうか?

 

それは、そとから保湿しようと与える

多くの栄養分をも、浸透するのを防いでしまうから。

 

そのため、妊娠線の予防は、

表皮から肌の奥深くまで、

しっかり浸透するものを選ばなければなりません。

 

肌の奥まで浸透!高品質で大人気のストレッチマークケアは?

stretch-mark

大変ハードな役目で次々と死んで新しく生まれ変わり

2週間という短いターンオーバーで垢となりはがれていきます。

 

ともかく、表皮はバリアーとして頑張っていますから、

お肌に塗ったものが何でも中に届くわけではありません。

 

お肌にしみこむためには水溶性でもあり

脂溶性でもある中間の状態がよいとされています。

 

つまりそれがクリームの状態なんです。

 

皮ふのより奥まで浸透させたいなら

クリームを選ぶのが良いです。

高浸透でヒアルロン酸含有の高保湿クリームはどれ?

 

w_1たくさんの妊娠線クリームがある中で、

それぞれいろいろな成分を配合しています。

 

本当にチェックしてほしいのは「スーパーヒアルロン酸」、

シラノール誘導体」という成分。

 

どちらも浸透性をよくするために成分です。

 

妊娠線予防に最適のシラノール誘導体って?使い方は?

kangoshi16

シラノール誘導体は浸透性が特に高い成分で、

しかもコラーゲンの修復をする役割があります。

 

シラノール誘導体は妊娠線クリーム選びでは

マストアイテムといっていいでしょう。

 

そこでおすすめなのが「ベルタマザークリーム」です。

 

 

妊娠線ケアは今すぐ!

 

 

 

ストレッマークとは?妊娠肌トラブルをニベアで乗切る秘訣

Cara-menghilangkan-stretch-mark-secara-alami

⇒大人気の妊娠線クリームを今すぐ確認する

 

妊娠線は、お肌にできる線状のシミです。

 

お肌といっても表皮の下の真皮(しんぴ)と

いわれる部分にできるシミです。

 

この妊娠線ができる原因は、急激に大きくなる

子宮の大きさに、表面の皮膚が付いていけないから。

 

そのため、肌表面が避けて断裂し、

地割れのような赤紫色のひび割れた

現れてしまうことです。

 

肌の色素沈着の原因を解消!真皮ケアのポイントは

stretch-mark

皮ふは3つの組織からなる層状になっています。

 

そして、通常日焼けしたりシミになったりするのは

表皮といわれる部分です。

 

ここにメラニン色素があり、

肌を黒くしたりといった働きをしています。

 

この表皮の下のには真皮(しんぴ)と

いわれる層があります。

 

この真皮は、プルプル食材で有名なコラーゲンと

エラスチン、水分でできています。

 

コラーゲンはお肌の柔軟さを保つ働き、

そして、エラスチンには、

お肌の強靭さを保つ働きがあります。

 

これらの働きを十分に保つことが

妊娠線の予防につながるのです。

 

皮下組織にはターンオーバーがない?妊娠線が消えない理由

stretch-mark

真皮の下には皮下組織という3番目の層があり、

毛細血管が流れています。

 

毛細血管からは毛根に栄養を与えたり、

真皮を通して表皮に栄養と与え不要な

老廃物を排出しています。

 

こうしたターンオーバーを健全に保つことが

お肌コンディションにはとても大切。

 

そして、妊娠線の予防にも効果的なのです。

 

妊娠線徹底予防!ケアクリームの正しい塗り方

iStock_000019407957Small-300x199

そして、真皮が表皮の下にあるということは

通常のターンオーバーはしないということを意味します。

 

通常の日焼けの場合には表皮の下の方に

メラニンがあって色素を生産します。

 

表皮にはターンオーバーがあり、下から生まれ変わって

古い表皮はどんどんと表面に上がってきて

垢となったりしてはがれていきます。

 

ターンオーバーしない、ということは、

出来てしまったシミや妊娠線は

時間が経っても消えない、ということ。

 

そのため、妊娠線は、

何より作らないことが

とても大切なのです。

 

お肌のターンオーバーをチェックすれば妊娠線は消える!?

w_1

真皮は表皮と違って、4週といった

ターンオーバーでは生まれ変わらないんです。

 

20代のピークで6年以上もの年月をかけて

ターンオーバーするといわれています。

 

だから妊娠線には予防が大切なんです。

 

妊娠線が出来ても消えない、

と言われるのはそうした理由から。

 

出産後は、赤ちゃんの世話でとても忙しくなります。

 

ママ自身のスキンケアは

おざなりになりがち。

 

自分のために時間を使えるうちに、

充分な予防ケアをしましょう。

 

妊娠線予防はケアクリームが一番!