妊娠線は予防不可能!?毎日保湿していた私だからわかる真実

stretch-mark

 

 

 

妊娠してしばらくたつと、気になってくるのが妊娠線。

 

お腹がだんだん大きくなってきて、

なんだか太ももやお腹がかゆい…?

 

そう感じたら今すぐ妊娠線ケアをはじめましょう!

 

保湿のポイントは朝晩のケア!効果的なアイテムは?

iStock_000019407957Small-300x199

妊娠線予防には、なんといっても保湿が大切です。

 

保湿するためには、オイルやクリームなどの

油分が含まれたものが有効。

 

お風呂上りだけでなく、朝起きたらすぐに

塗るようにしましょう。

 

忙しいからといって省略したりせず、

きちんとケアして保湿することが大切です。

 

また、妊娠中期ごろになってお腹がおおきくなってくると、

朝晩の保湿だけでは足りなくなってきます。

 

外出先で突然ハリやかゆみを感じることもあるので、

いつでも塗れるように、ケアアイテムは持ち歩いておきましょう。

 

経産婦さんは要注意!2人目以降の方が妊娠線はできやすい?

kangoshi16

中には、一人目より二人目以降を妊娠中の経産婦さんのほうが

妊娠線ができやすい、という話があります。

 

その理由は、お腹が大きくなりやすいから。

 

妊娠線ができる原因は、急激にお腹が大きくなること。

 

一度出産をしている経産婦さんの方が

お腹が大きくなりやすいのです。

 

そのため、皮膚が伸びやすく、妊娠線もできやすいのです。

 

二人目だからと言って気を抜かず、

きちんと対策することが大切です。

 

保湿だけじゃダメ!妊娠線予防に一番効果的な栄養素は!?

150422105458-sleeping-baby-stock-super-169

しかし、どんなに妊娠線ができやすい人であっても、

きちんとケアすれば、妊娠線は予防できます。

 

そのためには、皮膚をきちんと保護して栄養を与えることが

とても大切。

 

具体的には、洗顔後のケアと同じようなケアをすれば

問題ありません。

 

洗顔後の化粧水や乳液には何が含まれていますか?

 

ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲン、ビタミンE…。

 

こうした美容成分は、顔だけに効果があるのではありません。

 

お腹や太ももなどにもケアの一環として

取り入れて上げることで、肌状態が整い、

妊娠線が予防されるのです。

 

妊娠線には保湿第一。

 

それだけでなく、専用の美容成分が含まれた

ケアクリームを使うことで安心して防ぐことが出来るのです。

 

妊娠線ケアはこまめな保湿が第一。

 

高品質のクリームで、徹底的に

ケアして、完全に予防しましょう!

 

口コミ効果NO.1のケアクリームが500円のお試し価格に!

 

1位はニベア?1000円以下の妊娠線予防ランキング大公開

iStock_000019407957Small-300x199

 

お腹が大きくなってくると心配なのが妊娠線ケア。

 

妊娠線には、早めに効果的なケアが大切です。

 

しかし、何かと物入りなマタニティライフ。

 

出産後にも赤ちゃんの生活用品など、

たくさんのお金が必要です。

 

できれば、すこしでもお手軽に済ませたい…。

 

高くついてしまいがちなマタニティ用品を

お手頃に手に入れたい!

 

そんなママの味方としてうれしいのが

プチプラ価格で高い効果が望める

妊娠線予防クリーム。

 

どんな商品を選ぶのが、正解なのでしょうか。

 

第1位 万能ニベア青缶は妊娠線にも効果あり!?

nivea-creme

ニベアとは、ラテン語で「雪のように白い」

という意味の万能クリーム。

 

安くてどこでも手に入るのに、超有名高級クリームと

成分が近いと評判のニベア。

 

世界中で販売されているからこそ、

様々な有効成分が含まれているのに

手ごろな値段で販売されているのですね。

 

もちろん妊娠線の予防にも効果があります。

 

ニベアが妊娠線の予防に効果があるという

声が高いのは、なんといっても、

しっとりとした使い心地。

 

普段から、水仕事の後などの

ハンドケアに使用している人も多いでしょう。

 

そうした、こっくりとした使用心地と

高い保湿力が、人気の秘密。

 

妊娠線の予防には、保湿が大切です。

 

しっかり保湿することで、

肌を柔らかく保ち、妊娠線を予防できるのです。

 

第2位 自然派ケア、ココナッツオイルで妊娠線予防?

up201622_30_pm

肌になじみやすく、ダイエットでも評判の

ココナッツオイル。

 

選ぶならバージンココナッツオイルを。

 

ココナッツオイルは、天然由来で

もちろんダイエット食としても使用される

体に優しいオイルです。

 

母乳にも含まれている抗菌作用のある

ラウリン酸やビタミンEなどが

含まれているのが特徴です。

 

ラウリン酸はかゆみや肌荒れを防ぐ効果がると

いわれている効果の高い成分です。

 

しかし、肌の弱い人はパッチテストを

したほうがよいでしょう。

 

特に妊娠中は、肌がいつも以上に

敏感になる人もたくさんいます。

 

今までつかえていたものが、

肌に合わなくなることも…。

 

妊娠中は、どんどん肌の調子が変わります。

 

低刺激で、ナチュラル処方のものを

選ぶのがとても大切です。

 

効果に不満?!プチプラ妊娠線ケアのデメリットは…

stretch-mark

1000円以下のプチプラ妊娠線ケアには

どうしてもデメリットがあります。

 

例えば、万能クリームニベアでも

値段相応しか効果が感じられない。

 

自然派ココナッツオイルでも、

特有の臭いが気になる。

 

ただでさえにおいに敏感なこの時期、

ほとんどのママさんには向いていないかもしれません。

 

また、保湿効果もお肌表面にとどまります。

 

妊娠線に一番効果的なのは口コミ大人気のアレだった!

1688x1125xsmile-kangoshi.jpg.pagespeed.ic.j8GyTn0k37

こうしたデメリットを考えると、

妊娠線ケアは、納得できる品質のものを選ぶのが

大切です。

 

口コミ大人気の妊娠線ケアクリームなら、

効果は折り紙つき。

 

多くのママの支持を集めるケアクリームで

妊娠線を予防しましょう。

妊娠線ケアは効果で選ぶ

 

 

 

妊娠線予防は肌組成の理解が大切!?コエンザイムの効果とは

stretch-mark

妊娠線ケアには真皮に届くシラノール誘導体が有効です。
シラノール誘導体という成分は、

あまり聞いたことがないかもしれません。

 

どんな成分なのでしょう?

 

シラノール誘導体とは、肌の保湿力を高める成分。

 

特に妊娠中の肌は乾燥しがち。

 

特に、急激に大きくなる子宮のまわり、

お腹の皮膚は、伸びて乾燥しやすくなっています。

 

そのお腹の皮膚を守るのが水分。

 

充分に保湿することがとても大切なのです。

 

大人気ベルタ妊娠線クリーム!その特徴は保湿と●●!

skincare_01

シラノール誘導体は、妊娠線予防に評価の高い

ベルタマザークリームに含まれている成分です。

 

通常、表皮の角質層は、外部の刺激から体を

守るためにバリヤーとなって働きます。

 

本当はお肌に栄養を与えたいのに、

実はそのお肌自身がほとんどガードしてしまいます。

 

私たちのお肌を守ってくれる表皮層。

 

しかし、肌に栄養を与え、保湿したい時は、

この表皮より深くまで浸透する

栄養素が必要です。

 

保湿力の高いシラノール誘導体は、

高い浸透力で、皮膚の奥深くまで

効果を発揮します。

 

妊娠線予防のためには、

保湿は、肌表面だけでは不十分。

 

肌の奥深くまで、しっとり滑らかに

する必要があるのです。

 

保湿効果を高める!効果倍増させる妊娠線ケアの一手間とは

w_1

クリームなどの角質層の浸透をよくするためには

皮脂と馴染みの良い油性なもののほうがよいです。

 

では油分だけでよいかというとそうでもなく、

油溶性と水溶性との中間の性質を持った方が

よいと言われています。

 

そのため妊娠線クリームなど、妊娠線予防には

クリーム状のものが良く使われています。

 

もちろん、オイルもおススメ。

 

しかし、オーガニックオイルを始めとした

オイルタイプのケア商品は、

油分以外の成分が含まれていません。

 

そのため、肌からの水分の蒸発は防げても、

外から栄養を与えることはできません。

 

より多くの水分を取り込み、

肌を柔らかく保つことが出来なければ、

妊娠線は予防できないでしょう。

 

シラノール誘導体とは?妊娠線ケアの救世主を大解剖!

point_01

 

シラノール誘導体は、そうしたバリアーとしての

表皮に対して浸透性が高いものです。

 

加えて、コラーゲンを修復させる効果が

あることがわかっています。

 

私たちの肌のハリに欠かせないのがコラーゲン。

 

妊娠中のお腹は、どんどん大きくなり、

肌表面の断裂が始まっています。

 

その断裂を修復していくためにも、

コラーゲンはとても大切なのです。

 

ビタミンCに妊娠線予防効果!普段のケアに●●をプラス

kangoshi16
女性のための美容ビタミンともいわれるビタミンCは、

妊娠中の乾燥肌にも必要なビタミン。

 

特にダメージを受けやすい妊娠中は、

抗酸化ビタミンとしても体を守ってくれる働きをします。

 

かゆみは妊娠線警報!妊娠中の敏感肌におススメなのは?

1688x1125xsmile-kangoshi.jpg.pagespeed.ic.j8GyTn0k37

ビタミンCには、毛細血管を強くしてくれる

役割もあるので、欠かさずにとりたい栄養の一つ。

 

妊娠中はすっぱいものが食べたくなるといいますが、

納得の話ですよね。

妊娠線ケアは専用クリームで!