要チェック!妊娠線の原因と今すぐできる簡単予防法大公開

cached

妊娠がわかると、お金のこととか病院のこと、

これからの生活のことなどいろんなことを考えます。

 

一通り、めどがついたところで

思い出したように気になってくるのが妊娠線のこと。

 

簡単にできるケアで、今すぐ予防を始めましょう。

 

妊娠線って何?画像を見ながら勉強しよう!

stretch-mark

妊娠線は、できない人もいるっていうし、

でも、ものすごい妊娠線の写真もたくさんあります。

 

不安はいろいろですが、

予防しておくことに損はないですよね。

 

そんな妊娠線予防について調べてみました。

 

妊娠線の原因は、今でもわからないことが

多いと言われています。

 

同じ人であっても、一人目はできたけど

二人目はできなかった。

 

昨晩までなかったのに、今日突然できた。

 

自分からは見えない、下腹部に

いつの間にかできていた。

 

お腹はできなかったけど、

太ももにできてしまった…。

 

様々人がいるのです。

 

妊娠線はこうしてできる!仕組みを知って完璧予防のコツは

stretch-mark

妊娠線とは、妊娠によってホルモンバランスが変わったりすることで、

乾燥しやすくなって敏感になった肌が、

大きくなる赤ちゃんや余計についてくる脂肪によって

急激に伸ばされることによってできるひび割れです。

 

大切なのは、実際にひび割れが起こる肌の中の

真皮(しんぴ)に対して保湿ケアと柔軟性の維持することです。

 

できてしまった妊娠線は消えることがないので、

真皮を含むお肌ケアに気を付けましょう。

妊娠線予防には保湿が大切って本当?!●●利用で簡単ケア

woman_no_stop

妊娠線の予防には、保湿が大切です。

 

そのためには、お風呂上りなど、

乾燥を感じやすい時に、すぐケアすることが

必要です。

 

お風呂上りは、スキンケアでも

とても大切な時間。

 

今まで水分がたくさん含まれていたところが

いきなり乾燥するので、注意が必要です。

 

また、身体を洗う時などに

必要以上にこすりすぎないことも大切。

 

化学繊維の入ったスポンジなどで

ごしごし洗うのは避け、

柔らかいコットンクロスなどを利用しましょう。

 

ごしごしするのが好き、という人には

物足りないかもしれません。

 

しかし、妊娠中は、お肌も敏感になっています。

 

柔らかく、泡でなでるようにして

優しく洗いましょう。

 

汚れは十分に落ちます。

 

余分な皮脂を落としすぎないことが

乾燥を防ぎ、妊娠線の予防に繋がります。

 

 

妊娠線予防は手軽な専用クリームで

 

 

 

 

 

コメントを残す