ポイントはニベア流?効果的な妊娠線クリームの塗り方とは

iStock_000019407957Small-300x199

 

妊娠線予防のために、たくさんの商品があります。

 

質の高い商品を選ぶことも大切ですが、

それ以上に、ケア方法、

ケアクリームの塗り方が大切です。

 

妊娠中のお肌は敏感。

 

間違ったケア方法で塗ってしまうと、

ひび割れや、シワの原因になります。

 

ただしい知識を得て、妊娠線を作らないための

塗り方を実践するようにしましょう。

 

妊娠線クリーム、塗りこむのは間違いだった!ポイントは…

bikkuri_01

妊娠線予防に評価の高いベルタマザークリームをはじめ、

保湿クリーム(オイル)を塗る際は、

力を入れ過ぎないことが重要です。

 

力を入れると、張り詰めた真皮を痛めて

妊娠線にさせてしまうことがあるからです。

 

そのために必要なのは、優しくなでるように

塗ること。

 

伸びの悪いクリームは

決して使わないようにしましょう。

 

そういった点では、市販のハンドクリームなどは

妊娠線ケアには適していません。

 

中には、ニベアが効く、という噂があります。

 

しかし、ニベアは、市販のクリームの中でも

かなり固いクリーム。

 

伸びにくく、なじみが悪い為

お勧めできません。

 

逆に肌を痛めてしまう可能性があります。

 

最適な妊娠線クリームの塗り方!3ステップで簡単実践

w_1

1、

まず、クリームもオイルも一度手に取ってから

十分に温めることで伸びが良くなります。

 

2、

おなかに塗る際は、おへそより下側に注意して、

脇腹へと伸ばします。

 

赤ちゃんは大きな頭がおなかの下側にありますし、

重力もありますからどうしても下側が引っ張られやすく

妊娠線もできやすいのです。

 

3、

脇腹はつい注意がおろそかになるところ。

 

忘れることなく丁寧に。

 

妊娠線ケアの盲点!バイオイルはアソコにも塗って!

1688x1125xsmile-kangoshi.jpg.pagespeed.ic.j8GyTn0k37

そして、妊娠線がおなかだけにできるものでは

ないことにも注意して。

 

二の腕や太ももなど、「急に肉がついてきたなー」と

思うところにもしっかりと塗り込んでくださいね。
ポイントは、なんといっても、

ふっくらしてきたかな、と感じる前に

ケアを始めること。

 

そのためには、体中塗ってもいいくらいです。

 

普段はボディクリームを塗る習慣がなかった。

 

そういう人もいるかもしれません。

 

始めは面倒くさく感じるかもしれません。

 

しかし、風呂上りにケアをする、

それを習慣にすることが大切です。

 

可能であれば、風呂上りと

朝起きたとき、そして午後一回の

一日三回ケアを目指しましょう。

 

丁寧にケアすることで、妊娠線は

防ぐことができます。

 

妊娠線クリームは効果で選ぶ!

 

 

 

 

妊娠線ケア、いつからするのが効果的?!徹底予防の秘訣とは

Cara-menghilangkan-stretch-mark-secara-alami

 

⇒大人気妊娠線クリームを今すぐチェック

人にもよりますが、妊娠6カ月前後になるとおなかが出て

一目見て妊婦と分かるくらいになってきます。

 

自分から見ておへそあたりから上、見える範囲は

きれいなおなかをしていても、下半分の見えない場所に

妊娠線ができていたなんていう人もいます。

 

これまで、何とか妊娠線ができていなかった人も

そろそろ本格的に妊娠線予防を考える時期です。

 

肉割れは早期対策が有効?!色が濃くなる前のケアは

stretch-mark

妊娠中期になると、子宮の中の胎児も

かなり大きくなってきます。

 

それに伴い、おなかや胸、二の腕から太ももにかけて、

皮ふが体の変化・膨張に間に合わずにひび割れてしまいます。

 

しかし、中には、妊娠線ができないまま

マタニティライフを乗り切れる人もいます。

 

その差はどこになるのでしょうか?

 

ポイントは、なんといっても

妊娠線予防ケアを始める時期。

 

そして正しい方法によるケアです。

 

少しでも早く始めることが、成功のポイント。

 

そうすれば妊娠線の発生は

防げる可能性が高まるのです。

 

妊娠線の原因はコレだった!ケアにニベアが有効な理由は

iStock_000019407957Small-300x199

うっすらと線状の肉割れ状態になり、

ここに

色素が沈着してしまうのが

妊娠線またはストレッチマークです。

 

この妊娠線はこまめな保湿で予防できます。

 

では、どのようにしたら予防することが

できるのでしょうか。

 

保湿とは、一口に言っても簡単な

ものではありません。

 

というのも、妊娠中の肌は

普段とは異なります。

 

いつも通りのケアでは、乾燥を感じることも。

 

質の良い妊娠線クリームで

徹底的に対策することが大切です。

◆妊娠線ケアは初期から始めるのがポイント!?その理由とは

 

妊娠線の予防は、なるべ早く始めるのが

効果を高めるコツ。

 

その理由は、なんといっても、

妊娠線の特徴にあります。

 

妊娠線は、できてしまったら消えません。

 

そして、当然ながら、お腹が大きくなって来る前に

取り組む必要があります。

 

妊娠中、お腹が大きくなってきたな、

と感じ始めるのは、おおよそ妊娠五カ月ごろ。

 

しかし、そのころには、お腹の皮膚は

かなり伸び始めています。

 

すでに多くの負担を抱えているのです。

 

肌は断裂を始め、乾燥し始めると

再生がとても難しいです。

 

そのため、妊娠線も、ある日

突然現れるのです。

 

恐ろしいのは、昨日、お風呂に入ったときには

なんともなかったのに、朝見たらできていた。

 

そういった自体にならない為にも、

徹底したケアが必要です。

 

妊娠線は高保湿クリームで徹底ケア